コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指小辞 ししょうじdiminutive

翻訳|diminutive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指小辞
ししょうじ
diminutive

小さいこと,さらに,それから転じて,かわいらしいこと,親しみのもてることなどを表わす接辞。多くの場合,接尾辞である。日本語のチャン,ドイツ語の-chenのように,すべての人名や多くの普通名詞につきうるものもあり,英語の bookletの-let,ducklingの-lingなどのように単語ごとに固定しているものもある。逆に,大きいことを表わす接辞を指大辞 augmentative (例:ball→balloon; mille→million) と呼ぶが,例は少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ししょう‐じ〔シセウ‐〕【指小辞】

ある語について、それよりもさらに小さい意、または、親愛の情を表す接尾語。英語の-letやドイツ語の-lein, -chenなどの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししょうじ【指小辞】

接尾語の一種。ある語のあとに付けて、「小さい」「かわいい」「けなす」などの意を加えるもの。英語の cigarette の -ette やドイツ語の Fräulein の -lein イタリア語の violino の -ino などの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

指小辞の関連キーワードイタリア語ドゥムカロシア語縮小辞聖書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android