コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指月慧印 しげつ えいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

指月慧印 しげつ-えいん

1689-1764 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。牧田春翁(一説に月峰快雲とも)の法をつぐ。武蔵(むさし)の西光院,西光寺,養光寺をひらき,三光老人とよばれた。面山瑞方(めんざん-ずいほう),天桂伝尊(てんけい-でんそん)とともに曹洞宗中興の学僧とされる。明和元年12月6日死去。76歳。武蔵男衾(おぶすま)郡(埼玉県)出身。俗姓は上杉。著作に「不能語偏正五位説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

指月慧印の関連キーワード慧印

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android