コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指田詮 さしだ せん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

指田詮 さしだ-せん

1795-1871 江戸後期-明治時代の神職。
寛政7年生まれ。武蔵(むさし)中藤村(東京都武蔵村山市)神明社の神職。天保(てんぽう)5年から明治3年まで物価の変動,地震,凶作などや世相を記録。のち「指田日記」として刊行された。明治4年8月6日死去。77歳。通称は謙造。号は摂州。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

指田詮の関連キーワードフランス史(年表)シラー(Friedrich von Schiller)廃藩置県エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ総裁政府