コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

按針 アンジン

デジタル大辞泉の解説

あん‐じん【×按針】

磁石によって船の航路を決めること。また、その人。水先案内。按針手。
[補説]水先案内の意の「あんじ(行師)」の変化したものか。
三浦按針(みうらあんじん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんじん【按針】

〔磁石で船の針路を決めるところから〕 天体測定や磁石などで船の航海をつかさどる責任者。航海士にあたる。按針者。行師あんじ
○ 三浦按針みうらあんじんのこと。 → アダムズ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

按針の関連キーワード神奈川県横須賀市西逸見町オーウェン ティールウィリアム・アダムズウィリアム=アダムズアダムズ(三浦按針)ヤン・ヨーステンヤン・ヨーステンヤン=ヨーステンヤンヨーステン黒島(大分県)クアケルナックイギリス商館ジリンガム岡田 章雄元和航海記9月24日三浦安針墓リーフデ号サツマイモ横須賀市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

按針の関連情報