コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振(り)込む フリコム

デジタル大辞泉の解説

ふり‐こ・む【振(り)込む】

[動マ五(四)]
振替口座や預金口座などに金銭を払い込む。「授業料を―・む」
振って中へ入れる。勢いよく押し込む。
「万灯を―・んで見りゃあ唯も帰れない」〈一葉たけくらべ
マージャンで、他人の上がり牌(パイ)を捨てる。「満貫を―・む」
無理に入り込む。押しかける。
「六法で―・む裸体(はだかみ)あり」〈滑・浮世風呂・前〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

振(り)込むの関連キーワードトリフィン案口座振替振込み

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android