コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たけくらべ タケクラベ

デジタル大辞泉の解説

たけくらべ[書名]

樋口一葉の小説。明治28~29年(1895~1896)発表。吉原遊郭に近い下谷大音寺付近を舞台に、美登利信如との幼い恋を描く。

たけ‐くらべ【丈比べ/丈競べ】

[名](スル)
高さを比べ合うこと。特に、背の高さを比べること。
連歌で、17字の長句に長句を、14字の短句に短句を付ける誤りを犯すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけくらべ【丈比べ】

( 名 ) スル
物の高さをくらべること。
背の高さをくらべること。せいくらべ。
連歌で、付句の優劣をくらべること。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たけくらべの関連情報