捕まる/掴まる/捉まる(読み)ツカマル

デジタル大辞泉の解説

つかま・る【捕まる/×掴まる/捉まる】

[動ラ五(四)]
取り押さえられて、逃げることができなくなる。とらえられる。つかまえられる。「どろぼうが―・る」「スピード違反で―・る」「先発投手が相手の打線に―・る」
目的のものを探し当てたり、呼びとめたりすることができる。見つかる。「夜討ち朝駆けでも担当者が―・らない」「タクシーが―・る」
呼ばれてその場に無理にひきとめられる。「記者団に―・る」
(掴まる・捉まる)からだを支えるために手でしっかりと何かにとりすがる。「つり革に―・る」「手すりに―・る」

とらま・る【捕まる/捉まる】

[動ラ四]
とらえられる。
「蜜夫をする程の男ゆゑ―・るやうな仕打ちを働かず」〈洒・一騎夜行〉
つかまる。取りつく。
「しっかりおれに―・ってゐやれ」〈伎・独道中五十三駅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とらまる【捕まる】

( 動四 )
取りおさえられる。 「雷の正体を見たいものだ。どうしたら-・らう/咄本・譚囊」
つかまる。しっかり握る。 「おれさへゐれば気遣ひない。しつかりおれに-・つてゐやれ〱/歌舞伎・独道中五十三駅」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android