コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捺印法 なついんほうStamp Act

翻訳|Stamp Act

世界大百科事典 第2版の解説

なついんほう【捺印法 Stamp Act】

1712年,アン女王治下のイギリス事前検閲による言論統制にかわる有効な手段,あわせて国庫収入増にもなる方策として制定された法律。下院通過5月16日,無修正で5月22日上院通過,8月1日施行された。課税対象新聞紙パンフレット,紙などで,経済的側面からメディアを統制する方式の典型であった。18世紀末フランス革命の衝撃を受けて,主として社会下層の読者を対象にした急進的新聞,週刊誌が群生すると,この法律は,その普及拡大をくいとめる格好の防波堤として活用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の捺印法の言及

【イギリス】より

…31年にはケーブEdward Caveが《ジェントルマンズ・マガジン》を出し,総合雑誌の原型をつくった。 しかし,紙,広告に課税してメディアを経済的に統制する1712年の捺印法は19世紀(基本部分の撤廃は1855年)まで威力を振るい,フランス,アメリカが1830年代に現実化した新聞の民衆化,安い大衆紙の出現を妨げた。新聞の本格的大衆化は,1896年,ノースクリッフの創刊した《デーリー・メール》に始まる。…

※「捺印法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

捺印法の関連キーワード徳川家宣ショメル江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢フィルメルゲン戦争大槻玄沢カッシーニサンクトペテルブルク

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android