掌故(読み)しょうこ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐こ シャウ‥【掌故】

〘名〙
① 中国、漢代に設けられた礼楽の故事などをつかさどる官。
※史記抄(1477)一六「文学ある掌故をば郡守の属官になすぞ」 〔司馬相如‐封禅文〕
② しきたり。故事。故実。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)五・秋日郊行雑詩五首「楽景真応秋若、休掌故愁悽」 〔史記‐亀策伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android