属官(読み)ぞっかん

精選版 日本国語大辞典「属官」の解説

ぞっ‐かん ゾククヮン【属官】

① 官司に所属する官人。次官以下の職員。
※続日本紀‐大宝元年(701)八月甲辰「又斎宮司准寮、属官准長上焉」 〔漢書‐百官公卿表〕
② 明治の官制で、各省などの官庁の職員の一つ。属(ぞく)の別称。上官の指揮を受けて庶務に従事した。
※地方官会議日誌‐一七・明治八年(1875)七月一〇日「議事掛及書記官は、該府県属官の内を以て兼務せしむべし」

ぞく‐かん ‥クヮン【属官】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「属官」の解説

ぞっ‐かん〔ゾククワン〕【属官】

上役に付き従う官吏。
旧制度で、各官庁に所属する判任官の文官。属。
[類語]属吏下僚属僚小吏小官下役俗吏小役人公僕公務員役人官吏官員吏員国家公務員地方公務員武官文官事務官公吏官公吏官僚能吏税吏獄吏キャリアノンキャリア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android