コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触軌道 せっしょくきどうosculating orbit

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょくきどう【接触軌道 osculating orbit】

惑星や衛星の運動は摂動を伴うケプラー運動であり,摂動の効果は,ケプラー運動を規定する6個のパラメーター(軌道要素)の時間的変動で表される。したがって,ある瞬間の天体の運動は,その瞬間の軌道要素の値を使ったケプラー運動で与えられる。このとき,その瞬間のケプラー軌道は,実際の軌道と天体位置を共有するだけでなく,その位置で実際の軌道に接していて,接触軌道といわれる。【堀 源一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android