コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触軌道(読み)せっしょくきどう(英語表記)osculating orbit

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょくきどう【接触軌道 osculating orbit】

惑星や衛星の運動は摂動を伴うケプラー運動であり,摂動の効果は,ケプラー運動を規定する6個のパラメーター(軌道要素)の時間的変動で表される。したがって,ある瞬間の天体の運動は,その瞬間の軌道要素の値を使ったケプラー運動で与えられる。このとき,その瞬間のケプラー軌道は,実際の軌道と天体位置を共有するだけでなく,その位置で実際の軌道に接していて,接触軌道といわれる。【堀 源一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android