推定相続人(読み)すいていそうぞくにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

推定相続人
すいていそうぞくにん

将来相続が開始した場合に相続人となるはずの者をいう。つまり,法定相続人のうち最優先順位にある者のこと。推定相続人たる資格は,先順位の相続人が出現したり,相続欠格廃除によって失われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

推定相続人【すいていそうぞくにん】

現状のままで相続が開始した場合,相続人となるべき者。推定相続人の有する相続権は,先順位の相続人の出現や相続欠格・廃除によって失われる不確定の権利である。推定相続人は遺言の証人・立会人になれない(民法974条)。
→関連項目代襲相続

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいていそうぞくにん【推定相続人】

〘法〙 現状のままで相続が開始されれば直ちに相続人となるはずの者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android