コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推定相続人 すいていそうぞくにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

推定相続人
すいていそうぞくにん

将来相続が開始した場合に相続人となるはずの者をいう。つまり,法定相続人のうち最優先順位にある者のこと。推定相続人たる資格は,先順位の相続人が出現したり,相続欠格廃除によって失われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいてい‐そうぞくにん〔‐サウゾクニン〕【推定相続人】

現状のままで相続が開始された場合に相続人となるはずの者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

推定相続人【すいていそうぞくにん】

現状のままで相続が開始した場合,相続人となるべき者。推定相続人の有する相続権は,先順位の相続人の出現や相続欠格・廃除によって失われる不確定の権利である。推定相続人は遺言の証人・立会人になれない(民法974条)。
→関連項目代襲相続

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいていそうぞくにん【推定相続人】

〘法〙 現状のままで相続が開始されれば直ちに相続人となるはずの者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

推定相続人の関連キーワード相続時精算課税制度遺言(いごん)アンリ(3世)生前一括贈与ヘンリー5世生前贈与家事事件家事審判期待権現状廃嫡

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android