推定相続人(読み)すいていそうぞくにん

  • すいていそうぞくにん ‥サウゾクニン
  • すいていそうぞくにん〔サウゾクニン〕

百科事典マイペディアの解説

現状のままで相続が開始した場合,相続人となるべき者。推定相続人の有する相続権は,先順位の相続人の出現や相続欠格・廃除によって失われる不確定の権利である。推定相続人は遺言の証人・立会人になれない(民法974条)。
→関連項目代襲相続

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

現状のままで相続が開始されれば直ちに相続人となるはずの者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 現在の状態のままで相続が開始された場合に、相続人となるはずの者。
※民法(明治二九年)(1896)一〇七四条「左に掲けたる者は遺言の証人又は立会人たることを得す〈略〉五、推定相続人、受遺者及ひ其配偶者竝に直系血族」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

推定相続人の関連情報