推歩(読み)すいほ

精選版 日本国語大辞典「推歩」の解説

すい‐ほ【推歩】

〘名〙
天体運行(はか)ること。天文、などの計算をすること。また、その暦。暦
※菅家文草(900頃)五・十月廿一日禁中初雪「推歩四時令不違、初開六出重闈
浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)二「暦算推歩(スイホ)の術迄もをさすがごとし」 〔後漢書‐馮伝〕
② たどるようにして歩くこと。
報徳記(1856)八「炎暑燃るが如くなるに此嶮路を推歩(スヰホ)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「推歩」の解説

すい‐ほ【推歩】

天体の運行を推測すること。暦などの計算をすること。暦学。「推歩の学」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android