推歩(読み)すいほ

精選版 日本国語大辞典「推歩」の解説

すい‐ほ【推歩】

〘名〙
天体の運行を測(はか)ること。天文、暦などの計算をすること。また、その暦。暦学。
※菅家文草(900頃)五・十月廿一日禁中初雪「推歩四時令不違、初開六出重闈
浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)二「暦算推歩(スイホ)の術迄も掌をさすがごとし」 〔後漢書‐馮伝〕
② たどるようにして歩くこと。
※報徳記(1856)八「炎暑燃るが如くなるに此嶮路を推歩(スヰホ)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「推歩」の解説

すい‐ほ【推歩】

天体の運行を推測すること。暦などの計算をすること。暦学。「推歩の学」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「推歩」の解説

【推歩】すいほ

天文暦数。〔後漢書、楊厚伝〕、圖讖の學を善くす。~(子の)に感じ、(をは)り、~先法を學し、同郡の伯山に就いて、河洛書び天を受く。

字通「推」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android