コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

提室智闡 ていしつ ちせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

提室智闡 ていしつ-ちせん

1461-1536 室町-戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)大乗寺の幾年豊隆(きねん-ほうりゅう)に師事し,その法をつぐ。大永(たいえい)2年夏の大旱魃(かんばつ)の際,雨ごいをして霊験があったという。天文(てんぶん)5年4月2日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

提室智闡の関連キーワード戦国時代虎渓正淳智闡寛正

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android