コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搨本 トウホン

大辞林 第三版の解説

とうほん【搨本】

石摺りの本。石碑などの文字の拓本をまとめた本。石摺り。 「美麗なる-なり/日録 学海

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の搨本の言及

【拓本】より

…搨本(とうほん)とも称し,日本では石摺(いしずり)ともいう。中国で石碑や銅器に刻された文字や図像を,特殊な方法で紙の上に直接写し出したもの,またその技法をもさす。…

※「搨本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

搨本の関連キーワード喪乱帖石摺り模写拓本学海

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android