コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石摺 いしずり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石摺
いしずり

石碑の面や木,石に刻した文字の上に紙を当てて墨をつけ,刻まれた文字を写し取ったもの。いわゆる拓本摺 (→拓本 ) のこと。中国では古くから能書家の筆跡を手本や鑑賞のため,この方法で写し取ることが盛んであった。石摺を集めたものを法帖といい,五代の『昇元帖』,宋代の『淳化閣帖』などが早い作品として著名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石摺
いしずり

染め上げた裂(きれ)を凹凸のある板の上へ水張りし、これに水を加えながら、固い物で表面を平らに摩擦すると、凸部が擦れ、染料がとれて裂地に濃淡ができる。これを利用して、下に木目のたった板や、簡単な文様を刻した物を置いて、これを生地の上へ移すことをいう。染料のかわりに顔料を引き染めしたものを用いればいっそう効果的である。明治から大正ころまで、木綿地にこの方法で木目形を摺ったものが、女性用の雨合羽に多く用いられた。布地を摩擦するのには、拍子木形の堅木を用いる。これを石摺というのは、できあがったものが、石や金属に刻された文字や模様などを紙に写す拓本(たくほん)(石刷り)と似ていることからいわれたことで、石を用いて擦るという意味ではない。凹凸のない平らな板の上に、皺(しぼ)のある縮(ちぢみ)や糸の太い紬(つむぎ)など、布面に凹凸のある裂地を張って石摺をすると、布面の凸部が擦れて、味のある風趣を生じる。これは通常の石摺と区別して、頭擦(あたまず)りと称する。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石摺の言及

【拓本】より

…搨本(とうほん)とも称し,日本では石摺(いしずり)ともいう。中国で石碑や銅器に刻された文字や図像を,特殊な方法で紙の上に直接写し出したもの,またその技法をもさす。…

※「石摺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石摺の関連情報