搬送通信(読み)はんそうつうしん(英語表記)carrier communication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

搬送通信
はんそうつうしん
carrier communication

電信,電話,映像,データ符号などの信号本来の周波数帯域を,別の高周波帯域上に移して (変調) 伝送し,もとの通信信号に復することによって信号伝達を行う通信方式。無線通信では高周波電波 (搬送波) ,有線通信では伝送線路を流れる高周波電流 (搬送電流) を用いるが,これらの周波数は通常,伝達すべき信号の 10倍以上の高周波が使用される。これによって信号を任意の高い周波数帯へ移し,また元へ分離復帰することができるので,一つの有線路あるいは無線電波で,多数の通信を同時に送ることが可能となる (搬送多重通信) 。 FM放送の立体放送も多重化の一種。元来無線で発達した搬送波使用技術の有線への応用は日本で確立された。この通信方式によると遠距離用の通信が経済的になる。 (→多重通信方式 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android