コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩天嶺山脈 まてんれいさんみゃく

2件 の用語解説(摩天嶺山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩天嶺山脈
まてんれいさんみゃく

「ペクトゥ (白頭) 山脈」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

摩天嶺山脈【まてんれいさんみゃく】

朝鮮民主主義人民共和国,白頭山の南東から咸鏡北道咸鏡南道,両江道の境界をほぼ南北に走って東海岸に至る山脈。朝鮮で最も高峻な山々が連なり,鴨緑江豆満江(とまんこう)の各支流の分水嶺をなす。
→関連項目咸鏡南道咸鏡北道両江道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の摩天嶺山脈の言及

【白頭山】より

…上層部を軽石層が広く覆い,白く見えるところから白頭山の名が由来した。白頭山から南方には日本海まで走る険峻な摩天嶺山脈を中心に,落差1000m内外の急崖をもつ蓋馬(かいま)高原が立ちはだかっており,いまだに人跡まれな山である。中国と朝鮮の国境河川である鴨緑(おうりよく)江と豆満(とまん)江,それにアムール川(黒竜江)の支流松花江の源流である。…

※「摩天嶺山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

摩天嶺山脈の関連キーワード北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国KCNA松岳脱北北韓南朝鮮失郷民拉北者朝鮮民主主義人民共和国科学院