コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨緑江 おうりょっこう

6件 の用語解説(鴨緑江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴨緑江
おうりょっこう

「アムロク (鴨緑) 江」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうりょっ‐こう〔アフリヨクカウ〕【鴨緑江】

朝鮮民主主義人民共和国と中国との国境を西流する川。白頭山に源を発し、黄海に注ぐ。長さ790キロ。アムノック川ヤールー川

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鴨緑江【おうりょっこう】

朝鮮と中国の国境にある,朝鮮第1の大河。中国語ではヤールーチアン。全長790km。白頭山に発し,南流,恵山付近で西流,蛇行(だこう)して黄海に注ぐ。流域では農業は振るわず,水力発電の開発に力が注がれている。
→関連項目間島慈江道新義州朝鮮禿魯江平安北道摩天嶺山脈両江道遼寧[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうりょっこう【鴨緑江 Amnok‐kang】

朝鮮半島の北西端,中国と朝鮮の国境をなす川。中国ではヤールー江とよぶ。白頭山に水源を発し,虚川江,長津江,渾(こん)江,靉(あい)河などの支流を集めながら西流,竜岩浦で黄海に注ぐ。朝鮮第一の大河で,全長790km,流域面積は朝鮮側3万1739km2,中国側3万7750km2,合計6万9489km2に達する。河流には嵌入(かんにゆう)蛇行がよく発達しているが,土砂の流出量が少なく,流域には平地がほとんど形成されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうりょくこう【鴨緑江】

朝鮮民主主義人民共和国と中国との国境をなす河川。白頭山ペクトウサンに源を発し、南西流して黄海に注ぐ。長さ790キロメートル。朝鮮語名、アムノック-カン。中国語名、ヤールー-チアン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴨緑江
おうりょくこう

北朝鮮と中国の境界を流れる朝鮮第一の川。朝鮮語に基づいてアムノック川あるいはアムノ川、中国語に基づいてヤールー川ともよばれている。全長790.7キロメートル、流域面積6万2638平方キロメートル、うち朝鮮側3万2064平方キロメートル。白頭山(はくとうさん/ペクトサン)に発して南流し、恵山(けいざん/ヘサン)で虚川江(きょせんこう/フオチョンカン)をあわせて方向を西に転じ、蓋馬(かいま/ケーマー)高原に深い峡谷を刻みながら北流している長津江(ちょうしんこう/チャンチンカン)と新波で交流している。慈江道(じこうどう/チャカンド)北端の町、中江(ちゅうこう/チュンカン)からは、おおむね南西方向をとり、竜岩浦(りゅうがんぽ/リョンアムポ)で黄海に注いでいるが、その間、南から慈城江(じじょうこう/チャソンカン)と禿魯江(とくろこう/トクロカン)、中国から渾江(こんこう/フンチヤン)などの支流を入れている。鴨緑江の本支流地域は朝鮮でもっとも寒い地帯で、集落も白頭原始林の山林労働者や鉱山に従事する労働者、火田民などの山村集落がまばらにある文化の遅れた地帯であった。1945年に朝鮮が解放され、人民政権が樹立されてから、僻地(へきち)過疎対策として慈江道、両江道(りょうこうどう/リャンカンド)を新設し、江界(こうかい/カンゲ)、恵山を工業都市として拡大発展させた。包蔵水力の豊富な本・支流はいまや北朝鮮の動力資源の大動脈をなしている。1929年以来、支流の虚川江、赴戦江(ふせんこう/プチョンカン)、長津江の流域変更式により75万キロワットの発電能力を得ていたが、さらに41年に下流の水豊(すいほう/スープン)にダムを建設して70万キロワットの電力を得た。解放後も本流の雲峰(40万キロワット)と江界(24万キロワット)、禿魯江(9万キロワット)で計73万キロワットの発電能力を得ている。また森林資源も豊富な地域で、白頭山の原始林は鴨緑江材として、恵山、満浦(まんぽ/マンポ)から筏(いかだ)によって新義州(しんぎしゅう/シンイチュ)まで流していたが、水豊ダム建設以後は中流で止めている。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鴨緑江の言及

【浿水】より

…しかしその浿水を現在のどの河川に比定すべきかについては,史料の解釈をめぐって史家により見解を異にし,いまだに定説をみない。《漢書》や《通典(つてん)》には浿水と類似音の馬訾水が一名鴨緑江と記され,国内城の南を経て西南して海に注ぐとあるので,これが浿水の別称で浿水は鴨緑江をさすという立場の学者が多い。白鳥庫吉,津田左右吉,池内宏,和田清らがそれであり,ことに津田は《朝鮮歴史地理》所収の〈浿水考〉で詳細な考証を試みた。…

※「鴨緑江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鴨緑江の関連キーワード衛氏朝鮮朝鮮牛朝鮮半島豆満江新義州朝鮮鼬朝鮮烏狗邪韓国白頭山(長白山)朝鮮系

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鴨緑江の関連情報