摩訶曼珠沙華(読み)まかまんじゅしゃげ

  • 摩×訶×曼珠▽沙華

大辞林 第三版の解説

瑞兆ずいちようとして天から降るという四華しけの一。大きく赤い花という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (mahā-mañjūṣaka の音訳) 仏語。天上に咲くという、大きな赤い(一説に白い)花。見るものの心を和らげるという天華。四華の一つ、大紅蓮華にあたる。
※平治(1220頃か)上「摩訶曼陀羅華・摩訶曼珠沙華、四種の天華開けたり」 〔法華経‐序品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android