コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摺衣 すりごろも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摺衣
すりごろも

模様染の一種。草木の花やにすりつけて自然のままの文様を染め出したもの。また,花や葉の汁でまだらに染めたものもいう。平安時代頃から行われた。後世では花鳥草木の模様を彫り出した版木型紙を用いて布面にを盛り,上からアイ () の葉や種々の花を布に包んだものをこすりつけて模様を染め出すようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の摺衣の言及

【鈴懸】より

…江戸後期に行智の著した,修験道入門書ともいうべき《木葉衣(このはごろも)》に,鈴(篠)懸の語義は,山岳修行で篠(ささ)が掛かる意だとある。天台系の本山派は卵色の麻,真言系の当山派は赤色の柿衣,羽黒派は獅子模様を描いた摺衣を使用する。【鈴木 正崇】。…

※「摺衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android