コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操重車 ソウジュウシャ

3件 の用語解説(操重車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうじゅう‐しゃ〔サウヂユウ‐〕【操重車】

巨大で重い物体を持ち上げるクレーンを装置した鉄道車両鉄道事故の復旧、橋桁(はしげた)架設などに使う。鉄道クレーン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうじゅうしゃ【操重車】

クレーンを備えた鉄道車両。車両をつり上げたり、レール交換・橋梁きようりよう架設などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

操重車
そうじゅうしゃ

クレーンを装備した事業用貨車。事故救援用、橋桁(げた)架設用およびレール積卸し用の3種類がある。作業用動力源としてディーゼル機関を備え、ほとんどが小移動のための駆動装置をもっている。事故救援用操重車は、脱線した車両を復旧するためのもので、機関車用の大型(扱い荷重65トン)と客貨車用の中・小型(同25トン、15トン)がある。橋桁架設用操重車は、橋桁および分岐器交換用に開発されたもので、水平方向に伸縮可能なブームを装備している。レール積卸し用操重車は、レールを積んだ長物車を挟み2両ペアで使用され、レールを両側でつり上げて積卸し作業を行う。[佐野守彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の操重車の言及

【貨車】より

…貨物の種類や性質にあわせて,種々の構造や大きさのものがある。構造上からは,屋根のある有蓋貨車,屋根のない無蓋貨車,液体や粉体を積むため密閉構造となっているタンク貨車,荷卸しのためのホッパー(じょうご形の容器)をもつホッパー貨車および貨物の積載設備はないが車掌車や操重車などのようにその外観から貨車として扱われる事業用貨車の5種類に大別される。日本の貨車は1軸当りの重量負担力(軸重)が最大15tであり,車体断面の大きさ(車両限界)も比較的小さい。…

※「操重車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

操重車の関連キーワード車地天井クレーン捏ち上げるよいしょ抱上げる力持移動式クレーンホイールクレーンユニック車ラフテレーンクレーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone