擬律(読み)ぎりつ

精選版 日本国語大辞典「擬律」の解説

ぎ‐りつ【擬律】

〘名〙 裁判所法規を具体的な事件適用すること。
※裸に虱なし(1920)〈宮武外骨〉朝日新聞社長が脅喝されし奇談「同じ大阪の裁判所がそれに発行禁止の処分を加へないのは、あまりに擬律(ギリツ)軽重の差がヒド過ぎるではないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android