支払勘定(読み)しはらいかんじょう

精選版 日本国語大辞典の解説

しはらい‐かんじょう しはらひカンヂャウ【支払勘定】

〘名〙
① 債権と債務を差引き計算して相手方に債務を負う結果となること。買掛金、支払手形などの債務。買入債務。⇔受取勘定
※会社弁(1871)〈福地桜痴〉為替会社「其払ふべき代金何十万両となるにつき、英国の産物銕砲の類を横浜に取寄せ、之れを売りて仕払勘定を立んと思へども」
② 簿記で、支払債務を表示する口座。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android