コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放送受信料 ほうそうじゅしんりょう

大辞林 第三版の解説

ほうそうじゅしんりょう【放送受信料】

日本放送協会の放送を受信できる設備を有する者に対して日本放送協会が徴収する料金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそうじゅしんりょう【放送受信料】

放送法32条に基づいて日本放送協会(NHK)が徴集している料金受信料ともいう。ただし同条は,NHKの放送を受信できる設備(ラジオは除く)を設置した者にNHKと受信契約を結ぶよう義務づけ(契約義務),契約するとNHK放送受信規約5条で受信料の支払い義務が生じる,という2段構造になっている。ガスや電気の料金は使用量に応じて料金が変わる対価説で説明できるのに対して受信料は視聴時間の長短とは関係なく,まったく視聴しなくても払わねばならないので,性格規定がむずかしく,議論を呼んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

放送受信料の関連キーワード基地問題公共放送放送法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放送受信料の関連情報