コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治的平等 せいじてきびょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治的平等
せいじてきびょうどう

性,財産思想宗教などのいかんにかかわらず政治に参与できること。具体的には完全な普通平等選挙権およびその他の政治的諸権利の平等な享受行使をいう。古代においては政治的不平等は一般的原則とされ,また神の前の平等が主張された中世においても政治的な平等は存在しなかった。これが承認されるにいたったのは,個人の人間としての平等が認められた近代においてである。この政治参加の機会における平等の概念は,自由民主主義体制において実現されてきたのに対し,社会主義における民主主義の原理では物質的な意味における平等を実現しようとしたといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

政治的平等の関連キーワードリキニウス・セクスチウス法オストラキスモス原子論的国家観フランス革命ディガーズ大衆社会議会派ダール

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政治的平等の関連情報