コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政海 せいかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

政海 せいかい

1231-? 鎌倉時代の僧。
寛喜(かんぎ)3年生まれ。天台宗静明(じょうみょう)らに師事して教学をまなぶ。のち比叡山(ひえいざん)無動寺松林房の住持となり,土御門(つちみかど)門跡(もんぜき)流とよばれる一派をはじめた。著作に「教観大綱見聞」「政海類聚鈔」など。

政海 しょうかい

せいかい

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

政海の関連キーワード板垣 征四郎阿南 惟幾山本五十六井上成美鎌倉時代高木惣吉多田武雄寛喜

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android