故実読み(読み)こじつよみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢字で書かれた言葉で,その読み方が古くからの慣用で決っており,字形からの類推を許さない特別なもの。有職故実のうえでは大切なこととして読み方をまちがえてはならないとされた。「有職 (ゆうそく) 読み」「名目 (みょうもく) 」ともいう。『訓点新例』にある漢籍の読み方 (『礼記 (ライキ) 』『文選 (モンゼン) 』など) や,『名目抄』にある「元日 (グヮンニチ) 」「女王禄 (ワウロク〈女を読まない〉) 」「定考 (カウヂャウ) 」などがその例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

漢字で書いた語を古来の慣用に従って読む特別な読み方。「笏(こつ)」を「しゃく」、「即位(そくい)」を「しょくい」、「掃部(かにもり)」を「かもん」と読む。名目(みょうもく)。名目読み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

漢字で書かれた語を、古来の慣例に従って読む特別な読み方。「笏こつ」を「しゃく」、「掃部かにもり」を「かもん」、「定考じようこう」を「こうじょう」と読む類。有職ゆうそく読み。名目みようもく。名目読み。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android