コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教化団体 きょうかだんたい

1件 の用語解説(教化団体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教化団体
きょうかだんたい

民衆の道徳的,精神的教化を目的とする団体。近世では心学講社や報徳教など,明治期に入ってからは日本弘道会や斯文学会などが比較的有名。 1924年には全国の教化団体が集って教化団体連合会が成立,29年には文部省の主導により全国の教化団体その他を糾合して教化総動員運動が展開され,その後の戦時体制のもとで戦争協力活動を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教化団体の関連キーワード中間法人宗教団体精神的道徳的道徳的証明文化団体慈善会非営利団体BUSINESSEUROPEモラルリスク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone