コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教化総動員運動 きょうかそうどういんうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教化総動員運動
きょうかそうどういんうんどう

1929年文部省が全国の教育団体,教化団体を動員して展開した国体観念,国民精神の高揚運動。運動の目的は「財政経済の一大整理緊縮」の断行,「国体の精華」の発揚,「質素剛健,勤倹力行の美風」の振起による「思想国難,経済国難」の克服にあるとされた。そのために青年団,婦人会在郷軍人会,宗教団体その他一切の教化団体が文字どおり総動員され,講演,講話,印刷物,映画などを通じて,すべての国民に難局打開への協力を迫った。日中戦争の激化につれて,この運動は 37年の国民精神総動員運動に引継がれていくが,特に日本ファシズム化の道を開いた点で重要な意味をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかそうどういんうんどう【教化総動員運動】

第1次世界大戦後の経済不況と革命運動の登場を〈経済国難〉〈思想国難〉であるとして,浜口雄幸内閣金解禁の断行と財政緊縮によって経済の安定をはかり社会運動の発展を抑圧するために推進した国民への宣伝活動。すでに1923年の国民精神作興詔書以来,国民に対する教化運動は進められていたが,小橋一太文相は29年8月,この運動の強化を計画し,(1)国体観念を明徴にし国民精神を作興すること,(2)経済生活の改善をはかり国力を培養すること,を目標とする教化総動員運動の実行を翌月に指示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教化総動員運動の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆