コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教外得蔵 きょうげ とくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教外得蔵 きょうげ-とくぞう

?-1365 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。元(げん)(中国)から来日した明極楚俊(みんき-そしゅん)に師事し,その法をつぐ。摂津棲賢寺(大阪府),上野(こうずけ)(群馬県)長楽寺の住持をつとめる。暦応(りゃくおう)元=延元3年常陸(ひたち)(茨城県)の根本寺を修理して臨済宗にあらためた。貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年1月3日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

教外得蔵の関連キーワード南北朝時代