コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦平親王 あつひらしんのう

1件 の用語解説(敦平親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敦平親王 あつひらしんのう

999-1049 平安時代中期,三条天皇の第3皇子。
長保元年生まれ。母は藤原娍子(せいし)。寛弘(かんこう)8年親王となり,大宰帥(だざいのそち),式部卿をつとめる。子に伊勢斎宮の敬子(けいし)女王,養子に敦輔(あつすけ)王がいる。永承4年3月18日死去。51歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

敦平親王の関連キーワードタケカワユキヒデ熊本麻美松尾佳子高田淳萱翔悟小森隼なしお成銀河鉄道物語紀斉名長保

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone