コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦盛草 アツモリソウ

デジタル大辞泉の解説

あつもり‐そう〔‐サウ〕【×敦盛草】

ラン科の多年草。日当たりのよい山中の草地などに生え、高さ30~50センチ。茎の中ほどに幅広の大きな葉が数枚互生する。初夏に大きな袋状の花を1個開き、花色は紅紫色のほか淡紅色・白色がある。名は、花の形を平敦盛の背負った母衣(ほろ)に見立てたもの。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あつもりそう【敦盛草】

ラン科の多年草。山地に自生。高さ30~50センチメートルで、広楕円形の葉を数個互生する。初夏、茎頂に径5センチメートルほどの紅紫色の花を一個開く。花の唇弁は袋状にふくれ和名はこれを平敦盛の背負った母衣ほろに見立てたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

敦盛草 (アツモリソウ)

学名:Cypripedium macranthum
植物。ラン科の多年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

敦盛草の関連キーワードクマガイソウ(熊谷草)広楕円形自生数個唇弁山地

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敦盛草の関連情報