コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幌/母衣 ホロ

デジタル大辞泉の解説

ほろ【×幌/母衣】

(幌)風雨・日光・ほこりなどを防ぐために車にかけるおおい。「荷台に―をかける」
母衣蚊帳(ほろがや)に用いる布。
母衣)鎧(よろい)の背につけて流れ矢を防ぎ、また存在を示す標識にした幅の広い布。平安末期には大形になって装飾化し、室町時代からは中に竹かごを入れて袋状にするのが例となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほろ【幌】

〔「ほろ(母衣)」と同源〕
雨・風・日光などを防ぐため、乗り物に取りつけたおおい。 「トラックの荷台に-を掛ける」
のれん。 「 -は風にひるがへり/父の終焉日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の幌/母衣の言及

【帳】より

…壁代(かべしろ),引帷(ひきもの),几帳(きちよう),斗帳(とちよう),軟障(ぜじよう),幌(とばり)など室内で屛障用に用いられる帷(かたびら)の総称。〈とばり〉ともよむ。…

【暖簾】より

…出入口などにかける帷(かたびら)。古くは幌(とばり)と呼び,室町時代から暖簾と変わったが,当時はノウレンとかナンレンといった。〈暖簾〉は禅林用語で,禅堂の入口に夏期かける涼簾に対し,冬期寒さを防ぐために簾といっしょにかける帷をいった。…

※「幌/母衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幌/母衣の関連キーワード北海道空知郡上富良野町西六線北カルガリースタンピードフォーティ・ナイナーズcanvas topクロンダイクデイズゴルノザボーツクパラムシル[島]コンバーティブル北海道開拓の村石岡のおまつりコンバーチブルオープンカーパラムシル島ソフトトップロードスターメタルトップドレイ工場カレーシュ登別[市]千島列島

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android