コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文之 ぶんし

1件 の用語解説(文之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文之
ぶんし

[生]天文24(1555)
[没]元和6(1620).9.30.
戦国時代末期から江戸時代初期にかけての禅僧,宋学者。名は玄昌。号は南浦 (なんぽ) ,狂雲など。日向の人。桂庵玄樹を師とし (→薩南学派 ) ,宋学の新注に訓点を施した。文之点と呼ばれる。なお,弟子の如竹が寛永2 (1625) 年に刊行した『大魁四書』は加点本刊行の初めである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

文之の関連キーワード弘治陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文葛山城平賀氏カラッチ弘治島物

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文之の関連情報