コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文之 ぶんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文之
ぶんし

[生]天文24(1555)
[没]元和6(1620).9.30.
戦国時代末期から江戸時代初期にかけての禅僧,宋学者。名は玄昌。号は南浦 (なんぽ) ,狂雲など。日向の人。桂庵玄樹を師とし (→薩南学派 ) ,宋学の新注訓点を施した。文之点と呼ばれる。なお,弟子の如竹が寛永2 (1625) 年に刊行した『大魁四書』は加点本刊行の初めである。儒学を講じ,島津氏の帰依を受け,外交文書作成にもあたり,晩年は鹿児島大竜寺開祖として同寺で示寂。『南浦文集』など著書多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

文之の関連キーワード大菩薩峠(中里介山の小説)鹿児島県姶良市加治木町反土桂 文之助(東京・4代目)曽呂利 新左衛門(2代目)三遊亭 市馬(代数不詳)笑福亭 福松(3代目)兵庫県尼崎市杭瀬南新町中野市右衛門(初代)桂 文之助(2代目)桂 梅団治(初代)仮名文章娘節用曾我廼家鶴蝶南浦文之墓美笑軒一鶯乃木希典松下村塾山本時憲鉄砲伝来三浦誠次松下筑陰

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文之の関連情報