コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文体明弁 ぶんたいめいべんWen-ti ming-bian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文体明弁
ぶんたいめいべん
Wen-ti ming-bian

中国の文体論の徐師曾の著。 84巻。詩文の体を 115類に分け,それぞれについて源流から解説した書。明の呉納の『文章弁体』に拠り,これを取捨増補したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんたいめいべん【文体明弁】

中国の詩文論集。84巻。明の徐師曽編。1573年刊。文章詩賦、文体詩格の源流を論じ、詩文の実例を多く挙げる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文体明弁
ぶんたいめいべん

中国、明(みん)の徐師曽(じょしそう)(1553年の進士)の編纂(へんさん)したもので、詩文の用途(使用目的)別に、その体裁の源流を明らかにし、例文をあげて、制作の基準となる法式を示している。徐師曽より約100年前の明の呉訥(ごとつ)の編纂した『文章弁体』(46巻、外集5巻)に手を加えて84巻(文章綱領1巻、目録6巻、詩文61巻、付録14巻、目録2巻)とした。文章弁体の55類の文体を127類に増し、文章綱領1巻(総論、論詩、論文、論詩余)を巻首につけて、先輩の文学論を選録している。1554年(嘉靖33)の春から70年(隆慶4)秋にかけて編纂し、73年(万暦1)の徐師曽の序をつけて公刊した。わが国では1670年(寛文10)、1852年(嘉永5)の訓点を施した翻刻本があり、1642年(寛永19)序刊の野間三竹の『文体明弁粋鈔(すいしょう)』2巻、1877年(明治10)刊の大郷穆(おおさとぼく)の『文体明弁纂要』3巻は、漢文を学び文をつくる者に文体の要領を簡明に示すものとして愛用された。[横田輝俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文体明弁の関連キーワード題跋漢文

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android