コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文姫帰漢図 ぶんききかんずWén jī guī Hàn tú

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんききかんず【文姫帰漢図 Wén jī guī Hàn tú】

中国の故事人物画の画題。196年(建安1)南匈奴の右賢王は魏の曹操の意を受けて後漢献帝を許に移して曹操の保護下におき,帰国した。このとき大学者蔡邕(さいよう)の一人娘蔡琰(さいえん)(字は文姫)を奪って胡地に連れ去り,左賢王の妻とした。文姫は2児の母となり,12年後,蔡邕の友人曹操によって買い戻され,208年洛陽の土を再び踏んだ。この図を一に《胡笳十八拍図》というのは,離別の悲しみを中心に唐の劉商の歌った詩18段にもとづき,18場の物語絵に仕立てたからで,別に文姫の自作と伝える18拍もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文姫帰漢図の関連キーワード常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)グアンタナモ基地ダルビッシュ有貴ノ浪貞博パリ協定宮崎駿スズキ相良工場北上市の企業誘致

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文姫帰漢図の関連情報