胡笳十八拍(読み)こかじゅうはっぱく(英語表記)Hu-jia shi-ba-pai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡笳十八拍
こかじゅうはっぱく
Hu-jia shi-ba-pai

中国の古典長編抒情詩。後漢蔡 琰 (さいえん) の作とされる。彼女が動乱のなかで匈奴の左賢王に捕われ,その妻となって2子を産み,十余年後,曹操により買戻されるまでの苦悩の生涯を,胡笳 (葦笛の一種) と琴の調べにのせて 18曲に分けうたったもの。『楽府詩集』巻五十九所収。 琰自身の口で述べる形式であるが,彼女の作かどうかは古来説が多く,否定的見解が多かった。 1959年郭沫若が蔡 琰の作と力説したので討論が再燃し,それをまとめた『胡笳十八拍討論集』が出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

胡笳十八拍【こかじゅうはっぱく】

中国の詩歌の名。後漢の蔡【よう】(さいよう)の娘の蔡【えん】(さいえん)(文姫)は2世紀末に匈奴に捕らわれてその王に嫁し,12年のち帰還したが,その痛切な体験をみずから18章に仕立てて詠んだという長歌。文姫帰漢の題で風俗画風の絵が宋代以来よく描かれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こかじゅうはっぱく【胡笳十八拍 Hú jiā shí bā pāi】

後漢の蔡邕(さいよう)(133‐192)の娘の蔡琰(さいえん)(文姫)は2世紀末に匈奴に捕らわれてその王に嫁し,12年のち帰還したが,その痛切な体験をみずから18章に仕立てて詠んだという長歌。すでに宋代から後世の擬作と疑われてきたが,1959年郭沫若が真作説を唱えてから1年余りの大論争となった。その決着はつかなかったが,公平にみて,唐代擬作説を実証的に主張した劉大杰(りゆうだいけつ)の側がはるかに説得力に富む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android