コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文挟み フバサミ

4件 の用語解説(文挟みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ばさみ【文挟み】

ふみばさみ1」に同じ。

ふみ‐ばさみ【文挟み】

文書を挟んで貴人に差し出すための白木の杖。長さ約1.5メートルで、先端の文書を挟む金具の部分を鳥口(とりぐち)という。文杖(ふづえ・ぶんじょう)。ふみさし。ふばさみ。
読みさしの書物に挟んでおく、金・銀・象牙(ぞうげ)製などの薄い板。のちの栞(しおり)の類。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone