コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文挟み フバサミ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ばさみ【文挟み】

ふみばさみ1」に同じ。

ふみ‐ばさみ【文挟み】

文書を挟んで貴人に差し出すための白木の杖。長さ約1.5メートルで、先端の文書を挟む金具の部分を鳥口(とりぐち)という。文杖(ふづえ・ぶんじょう)。ふみさし。ふばさみ。
読みさしの書物に挟んでおく、金・銀・象牙(ぞうげ)製などの薄い板。のちの栞(しおり)の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふばさみ【文挟み】

ふみばさみ(文挟) 」に同じ。

ふみばさみ【文挟み】

文書を貴人に差し出す時などに用いた白木の杖。長さ約1.5メートル。先端の鳥口とりくちと称する金具に挟む。書杖しよじよう。文挿し。ふばさみ。文杖ふづえ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文挟みの関連キーワード文挿し鳥口先端文書白木愁文貴人