コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文暁 ぶんぎょう

1件 の用語解説(文暁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文暁 ぶんぎょう

1735-1816 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)20年生まれ。肥後(熊本県)八代(やつしろ)の真宗仏光寺派正教寺の住職。蝶夢(ちょうむ)らと親交があった。松尾芭蕉(ばしょう)の直弟子に仮託した偽書「芭蕉翁反古文(ほごぶみ)」(「花屋日記」)をあらわした。文化13年3月3日死去。82歳。俗姓は藁井(わらい)。法名は法侶(ほうりょ)。別号に紫海,渡白人,乞隠など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

文暁の関連キーワード雍正帝古月軒ケイズル河原崎座雍正帝市川団十郎前古典派音楽池田瑞仙(初代)ボップマリア[1世]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone