コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文暁 ぶんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文暁 ぶんぎょう

1735-1816 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)20年生まれ。肥後(熊本県)八代(やつしろ)の真宗仏光寺派正教寺の住職。蝶夢(ちょうむ)らと親交があった。松尾芭蕉(ばしょう)の直弟子に仮託した偽書「芭蕉翁反古文(ほごぶみ)」(「花屋日記」)をあらわした。文化13年3月3日死去。82歳。俗姓は藁井(わらい)。法名は法侶(ほうりょ)。別号に紫海,渡白人,乞隠など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

文暁の関連キーワード享保俳人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android