コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植木算 ウエキザン

大辞林 第三版の解説

うえきざん【植木算】

算術における四則応用問題の一。線状または円形に立っている植木・柱などについて、本数とその間隔の数と全体の距離のうち、二つを知って他の一つを求める算法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の植木算の言及

【算術】より

…ゆえに,25-10=15年後。
[植木算]
 (1)周囲500mの池の堤に10m間隔で木を植える。何本植えることになるか。…

※「植木算」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

植木算の関連キーワード文章題算数線状算術円形算法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android