コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文雅 ブンガ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐が【文雅】

[名・形動]
詩文を作ったり、文事に親しんだりする風雅の道。
「過ぎ去った時代の―を思起さずには居られない」〈荷風濹東綺譚
趣味が洗練されていて、上品なこと。風流なこと。また、そのさま。「文雅の士」「文雅集まり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんが【文雅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
詩や歌をよむ風流の道。
みやびやかなこと。風流なこと。また、そのさま。 「 -の士」 「 -な趣味」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文雅の関連キーワードミッチェル(Wesley Clair Mitchell)リンダール(Erik Robert Lindahl)風流(ふうりゅう)マクシミリアン1世ニックリッシュ都水園 石翁独遊軒馬六田能村竹田木下長嘯子県犬養八重万里集九覚世真経揚州八怪円融天皇小野好古荒木田麗兼明親王雲萍雑志山上憶良増山雪斎

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android