斉藤 達雄(読み)サイトウ タツオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

斉藤 達雄
サイトウ タツオ


職業
俳優

生年月日
明治35年 6月10日

出生地
東京市 深川区佐賀町(東京都 江東区)

学歴
京華商中退

経歴
15歳でシンガポールに海外修業に出され、6年後に帰国。商社に勤めたのち大正12年松竹蒲田撮影所に入り、「狼の群」で俳優デビュー。その後、小津安二郎に認められて、昭和3年「若人の夢」に出演。以後、「会社員生活」「足に触った幸運」「東京の合唱」「生れてはみたけれど」「落第はしたけれど」「美人哀愁」「お琴と佐助」「人生のお荷物」「淑女は何を忘れたか」「浅草の灯」「南の風」「開戦の前夜」など太平洋戦争の前期にかけ400本以上の作品に主演、脇役として活躍、長身とシニカルな笑いが売りものだった。28年には監督に転じ「嫁ぐ今宵に」「お母さんの結婚」「純情社員」などを発表するが、監督としてはほとんど評判にならなかった。その後、俳優も続け、40年アメリカ映画「ロード・ジム」に出演後、引退。

没年月日
昭和43年 3月2日 (1968年)

伝記
曲者天国 中野 翠 著(発行元 文芸春秋 ’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android