斎田明善(読み)さいだ めいぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎田明善 さいだ-めいぜん

1827-1889 江戸時代後期の武士。
文政10年6月11日生まれ。斎田為茂の子。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。元治(げんじ)元年家老となる。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍大隊長として出陣,のち総隊長として会津(あいづ)若松城を攻める。明治2年館林藩権(ごんの)大参事となった。明治22年11月11日死去。63歳。通称は源蔵。名は「みょうぜん」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

斎田明善 (さいだめいぜん)

生年月日:1827年6月11日
江戸時代末期;明治時代の上野館林藩家老
1889年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android