コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤寛斎 さいとう かんさい

2件 の用語解説(斎藤寛斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤寛斎 さいとう-かんさい

1821-1886 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,教育者。
文政4年2月生まれ。上総(かずさ)(千葉県)の医者の家に生まれ,のち武蔵(むさし)荏原郡(えばらぐん)(東京都)太子堂村で髪結いとなる。文久元年相楽総三(さがら-そうぞう)とあい,赤報隊にはいる。赤報隊が処分されたのち,明治4年太子堂村郷学所を設置し,まずしい人に勉学を奨励した。明治19年3月2日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤寛斎

没年:明治19.3.2(1886)
生年:文政4.2(1821)
幕末維新の草莽の志士,教育者。最初常次郎,志士名は源次郎,寛斎。上総国武射郡山中村(千葉県芝山町)の出身。父は鈴木玄硯という医者であったが,常次郎14歳のとき死別し,以後苦労を重ね武蔵国荏原郡太子堂村(東京都世田谷区)で髪結稼業をする。文久1(1861)年41歳のとき相楽総三と出会い,志士としての活動に参加し,赤報隊の一員となる。赤報隊潰滅後,太子堂村に戻り,豪農,富農を説得して500両の資金を提供させ,明治4(1871)年1月に太子堂村郷学所を設立。授業料などを無料とし貧農の勉学を奨励した。<参考文献>『世田谷区教育史』資料編1

(森安彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤寛斎の関連キーワード山中信天翁維新の三傑教育者草莽草莽の臣NHK大河ドラマ浅井常次郎遠藤七郎菊池教中吉成就子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone