斎藤昌麿(読み)さいとう まさまろ

美術人名辞典の解説

斎藤昌麿

国学者。徳川末期の志士。通称源助、号雲根斎。橘守部門。国学に通じ和歌をよくす、勤王の志厚く往来して幕府の嫌疑を蒙り、安政三年獄に繋る、獄中『夢浮橋』と題する書を稿し処刑されんとせしが諸侯の命令により免る。慶応2年(1866)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤昌麿 さいとう-まさまろ

1802-1866 江戸時代後期の国学者。
享和2年生まれ。江戸の札差店ではたらくかたわら,橘守部(たちばな-もりべ)に国学をまなぶ。飯泉喜内(いいずみ-きない)らの尊攘(そんじょう)派とまじわり,安政の大獄で捕らえられたが,処刑はまぬかれた。没後刊の「昌麿家集」がある。慶応2年3月24日死去。65歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。通称は源助。号は雲根斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android