斎藤求三郎(読み)さいとう きゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤求三郎 さいとう-きゅうざぶろう

1819-1876 江戸後期-明治時代の神職,国学者。
文政2年11月14日生まれ。肥後熊本藩士。林桜園(おうえん)の高弟。博識で知られ,その学は皇典から蘭学におよび,師の没後,塾生におしえた。明治9年敬神復古の敬神党にくわわり,10月24日太田黒伴雄らと熊本鎮台をおそい(神風連(じんぷうれん)の乱),戦死。58歳。本姓は森山。名は雅言(まさこと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android