コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤鑾江 さいとう らんこう

1件 の用語解説(斎藤鑾江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤鑾江 さいとう-らんこう

1785-1848 江戸時代後期の儒者。
天明5年阿波(あわ)(徳島県)の商家に生まれる。那波網川(なわ-もうせん),のち昌平黌(しょうへいこう)で古賀精里(せいり)らにまなぶ。大坂に塾をひらいた。嘉永(かえい)元年8月13日死去。64歳。名は象。字(あざな)は世教。通称は五郎。著作に「左伝説」「四書叙旨」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤鑾江の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水片井京助八重崎検校

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone