コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜文織(り) シャモンオリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜文織
しゃもんおり

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斜文織(り)の言及

【有職織物】より

…練緯は経に生糸,緯に練糸を用いた薄手で艶のあるもの,精好は経緯ともに生糸,または経に練糸,緯に生糸を用い,経を密にし,緯を太くした精緻なもの。斜文織には,無文綾と綾があり前者は近世になって用いられたもの。綾とは〈文(あや)〉のことで,2種の組織を組み合わせて文様を織り出した単色の織物。…

※「斜文織(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斜文織(り)の関連キーワードシャークスキンヘリンボーンシャルムーズクレバネット綾織り・綾織紋織り・紋織ヘアクロス三原組織八つ橋織モスリンダマスクメルトン重ね織物グロリアタータンよろけ縞変化組織カシミア網目織ツイル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android