斜文織(り)(読み)シャモンオリ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃもん‐おり【斜文織】

〘名〙 綾織の総称。経(たていと)または緯(よこいと)の浮きが斜めに走って、斜文様の線を表わす組織。織物の三原組織の一種。平織に比べ密度が多く皺(しわ)にはならないが、摩擦に弱い。サージ、綾綿布、ギャバジン、小倉、葛城などが代表的。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の斜文織(り)の言及

【有職織物】より

…練緯は経に生糸,緯に練糸を用いた薄手で艶のあるもの,精好は経緯ともに生糸,または経に練糸,緯に生糸を用い,経を密にし,緯を太くした精緻なもの。斜文織には,無文綾と綾があり前者は近世になって用いられたもの。綾とは〈文(あや)〉のことで,2種の組織を組み合わせて文様を織り出した単色の織物。…

※「斜文織(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android