コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波義健 しば よしたけ

1件 の用語解説(斯波義健の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斯波義健 しば-よしたけ

1435-1452 室町時代の武将。
永享7年生まれ。斯波義郷(よしさと)の子。父の急死により,2歳で家督をつぎ,越前(えちぜん)・尾張(おわり)・遠江(とおとうみ)守護になる。甲斐常治(かい-つねはる)に後見された。享徳元年9月1日死去。18歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の斯波義健の言及

【尾張国】より

… 織田氏一族は,早くより実質的な領域支配者としての性格を備え,坂井氏のように斯波氏家臣として同列にあった者までも,自己の被官として組織化していった。1452年(享徳1)の斯波義健の死後,家督をめぐる義敏・義廉の争いは応仁の乱の一因となり,織田氏をはじめ在地勢力の分裂をひきおこした。75年(文明7)ころには越前・遠江を朝倉・今川の両氏に奪われた西軍の将斯波義廉が尾張に下り,織田敏広が守護代となった。…

※「斯波義健」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斯波義健の関連キーワード意雲菊池兼朝吉川経見景阿弥月湖(1)河野通久(2)貞末長尾房景長瀬泰貞波多野通郷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone